金藤&渡部 200M平で準決勝進出 香生子レース後に涙も…

[ 2016年8月11日 02:23 ]

女子200メートル平泳ぎの予選に出場した金藤(AP)

リオデジャネイロ五輪競泳・女子200メートル平泳ぎ

(8月10日 五輪水泳競技場)
 女子200メートル平泳ぎの予選が行われ、金藤理絵(27=Jaked)と渡部香生子(19=JSS立石)が出場し、ともに準決勝進出を決めた。

 金藤は2分22秒86で予選3組トップ。レース後に「ちょっと前半のタイムが落ち着きすぎていた」とコメント。準決勝へ向けて「いままで泳いできた(日本代表の)選手がよい流れをつくってきてくれたので、私も次につなげる泳ぎがしたいと思います」と意気込みを語った。

 渡部は2分24秒77で突破。7日の100メートル平泳ぎは準決勝で敗退。気持ちを切り換えたつもりだったが試合のインタビューでは涙しながら「正直悔しくて…。どこまでできるか分かりませんが全力を尽くしたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月11日のニュース