福原愛、佳純のリベンジだ! 3位決定戦は難敵キム・ソンイと激突

[ 2016年8月11日 00:07 ]

強い目力で準決勝に臨んだ福原だったが…
Photo By スポニチ

リオデジャネイロ五輪 卓球女子シングルス準決勝 福原愛0―4李暁霞

(8月10日 リオ中央体育館)
 卓球の女子シングルスで3位決定戦に臨む世界ランキング8位の福原愛(27=ANA)の対戦相手が、同50位のキム・ソンイ(21=北朝鮮)に決まった。日本時間の11日午前8時30分に行われる。

 キム・ソンイは石川佳純(23=全農)を3回戦で破ったカット型の難敵。この競技の日本勢初となる個人メダル獲得を目指す福原は、李暁霞(リギョウカ、28=中国)に敗れた準決勝の試合後に「気持ちをしっかりと切り換えて備えたいと思います」と重要な一戦への意気込みを語った。初戦敗退した“戦友”石川のリベンジを果たして悲願の個人メダルをつかむ。

 決勝は2大会連続で李暁霞(28)と丁寧(26)の中国勢対決となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月11日のニュース