池江&内田、スイムオフ回避!15位選手棄権でともに準決勝進出

[ 2016年8月11日 02:20 ]

女子100メートル自由形予選で同着のため、準決勝進出をかけてスイムオフを行うことになった池江(左)と内田

リオデジャネイロ五輪競泳・女子100メートル自由形

(8月10日 五輪水泳競技場)
 女子100メートル自由形の予選が行われ、池江璃花子(16=ルネサンス亀戸)と内田美希(21=東洋大)が54秒50の同タイムで16位タイ。

 準決勝進出を懸けた「スイムオフ」と呼ばれる決戦レースに臨むことになった。

 8レーンあるプールを2人だけで泳ぐことになった。準決勝には16人が進出するが、16位で同タイムとなったため「スイムオフ」で1枠を争う。女子800メートルリレー予選後に行われる予定。

 予選レース後に内田は「やばいですね。どうしましょう。前半がちょっと遅かったですね。スイムオフ頑張ります」とコメント。池江は「ちょっと緊張するんですけど、負けないように頑張りたいです」と意気込みを語った。

 だが、レースからおよそ40分後に15位の沈鐸(中国)が準決勝棄権。「スイムオフ」を行わずに池江と内田の準決勝進出が決まった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月11日のニュース