初出場・16歳の長谷川 好発進も失速…準決勝9位敗退

[ 2016年8月11日 05:30 ]

競泳 女子200mバタフライ 準決勝 ゴールした長谷川涼香

リオデジャネイロ五輪競泳 女子200メートルバタフライ 準決勝 9位敗退

(8月9日)
 五輪初出場の16歳、長谷川が上々のスタートを切った。軽やかな泳ぎで予選を2分7秒35の6位で通過し「結構いい感じで、余裕を持って泳げた。思い通りに体が動いている」と納得の表情だった。

 レース前は「他の試合と違って緊張して泣きそうになった」と言うが、プールに入れば関係なかった。しかし、準決勝9位で惜しくも敗退。「ラスト50で体が重く(決勝進出には)6秒台が必要と思っていたが出せなかった」と唇をかんだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月11日のニュース