日本 女子800リレーは8位 池江「日本新記録はお預け」

[ 2016年8月11日 12:20 ]

女子800Mリレー決勝で、8位に終わった日本。(左から)池江、青木、五十嵐、持田

リオデジャネイロ五輪競泳 女子800メートルリレー 決勝

(8月10日)
 女子800メートルリレー決勝が行われ、日本は五十嵐千尋(21=日体大)、持田早智(17=ルネサンス幕張)、青木智美(21=法大)、池江璃花子(16=ルネサンス亀戸)が出場。アンカーに池江を置いてレースに臨み、7分56秒76で8位となった。

 第1泳者は予選で日本新記録を出した五十嵐。決勝でも最初の50メートルで予選を上回る積極的なレースを展開したが「いい順位で受け継ぎたかった。トータルタイムとして日本記録を更新できず課題が残った」と話した。

 第2泳者の持田は「予選は緊張が決勝はリラックスしていけた。まだまだ練習不足で、納得できるレースができなかった。東京五輪ではメダル狙いたい」と課題を掲げた。

 第3泳者の青木は「日本記録を目指したが、予選で力を出し切っていた。決勝では体が思うように動かなかったが、ここで動かないと世界に通用しない」と話した。

 アンカーを務めた池江は「4人で日本新記録を狙ったが、来年のお預けになった」と疲労感をにじませた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月11日のニュース