×

加藤浩次「ネットカジノに消えた」に危機感「逃げられるんだ、という事例を作ってしまう」

[ 2022年5月20日 10:53 ]

極楽とんぼの加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(53)が20日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。山口県阿武町が誤って振り込んだ新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円の一部を使用したとして、電子計算機使用詐欺容疑で田口翔容疑者(24)を逮捕した件について徹底的な解決を求めた。

 田口容疑者は19日までの調べに「オンラインカジノに使った」と容疑を認めているが、オンラインカジノを舞台にマネーロンダリングをしてお金をプールしている可能性があり、慎重に捜査が進められている。

 4630万円のプール先について、特定できない限り取り戻すのは厳しいという。番組に出演した元千葉県警警部補の森雅人氏によると「刑を執行し終えてしまう、つまり起訴されて裁判で判決が出ると、それで事件は終結という形になるので、その後を追うことができなくなる。民事裁判としても“返せる分だけ返してください”ということになると、あやふやになる可能性は非常に高い」と指摘した。

 これを受け加藤は「ここは徹底的にやらないと、次もこういう手段だったら逃げられるんだ、という事例を作ってしまう。これが最も危険なところだと思う」と懸念し「お金がどう流れてどう使われてしまったのか、追い切ってもらい」と今後の捜査に期待した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月20日のニュース