×

「ちむどんどん」良子が涙、煮え切らない博夫とお別れ?華丸&鈴木奈穂子アナは金吾派

[ 2022年5月20日 08:15 ]

連続テレビ小説「ちむどんどん」第30話。博夫(山田裕貴)に縁談があると打ち明ける良子(川口春奈)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は20日、第30話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算106作目。タイトルは沖縄のことばで「チム(肝=心胸・心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。映画「パッチギ!」「フラガール」などで知られ、2014年後期「マッサン」を担当した羽原大介氏がオリジナル脚本を手掛ける。今年、本土復帰50年を迎えた沖縄を舞台に、沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子(のぶこ)ら個性豊かな4きょうだい、本土復帰からの歩みを描く。

 第30話は、暢子(黒島)は銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」に就職。横浜・鶴見の沖縄居酒屋「あまゆ」の2階に下宿も決まり、ひょんなことから賢秀(竜星涼)とも再会を果たした。一方、沖縄の実家。良子(川口春奈)は御曹司・金吾(渡辺大知)から求婚。友人・博夫(山田裕貴)への想いとの間で心乱れ…という展開。

 博夫「縁談?」

 良子「どうしたらいいと思います?聞きたいんです、博夫さんがどう思うか」

 博夫「君は、オレの家族でも、所有物でもない。責任持てないし、今のオレに意見を言う権利も」

 良子「責任とか権利とか、そんな話を聞きたいんじゃない」

 博夫「オレの意見は、関係ある?」

 良子「関係ないんですか?」

 博夫「でも、仮定としてオレがするなと言えば結婚しないのであれば、それは君の近代的自我にコントラディクション(矛盾)が発生して、その僕のエゴの構造的に…その…」

 良子「(ため息)弱いわけさ、結局。だからすぐ、誰かに意見を求める。打算に傾くのが善か悪か、とっくに結論は出てる。だけど、人生には打算的にならなきゃならない場面もある。その矛盾を1人で乗り越えられない。誰かに背中を押してもらいたいと願ってる」

 博夫「良子」

 良子「さよなら」

 2人の想いはすれ違い。帰りのバス、良子の目から涙がこぼれた。SNS上には「石川、そういう屁理屈はよせ」「『けっ…』の続きを言ってほしいのだ」「良子と博夫で『ここは今から倫理です』。良子の『さようなら』が気になる」「だったら良子ちゃんから好きって言えばいいじゃんよ!自分から言い出したくないのね、お互い」「良子さんは帰蝶Pに戻って金吾さんをプロデュースしようよ」などの声が上がった。

 直後の同局「あさイチ」(月~金曜前8・15)の“朝ドラ受け”。鈴木奈穂子アナウンサーは「博夫先生もちょっと煮え切らないから、喜納金吾いいかなって。明るいしね」、博多華丸も「オレも喜納金吾。深く付き合うと、いいヤツじゃないかな」と「金吾派」だと語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月20日のニュース