×

マツコ「泣きそうになっちゃった」 再開発で変わる風景悲しむ…現在の心の拠り所は楽屋だけ!?

[ 2022年5月20日 21:25 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(49)が20日に放送されたテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(金曜後8・00)に出演し、自身の「心の拠り所」について語った。

 東京都の自由が丘に23区で初めて商業施設・イオンモールが初出店されると知ったマツコは「えっ!?そんなでっかい土地あった?」とびっくり。23年秋に開業予定で完成予定の外観が表示されると有吉は「おしゃれ」と目を丸くした。

 「どこに出来んの?自由が丘ってもうギュウギュウな感じするけど」と、そこまで大きな土地がない印象を語る有吉。スタッフから「元々ピーコックがあった場所」と伝えられ、地図上で場所を確認したマツコは「そんな大きくないな。周りのビルとかもあれなのかな。再開発でやるのかな」と、どこか寂し気だった。

 有吉が「下北変わったんだよ。すごいんだよ今」と再開発した下北沢の駅周辺の変わりようを伝えると、マツコは「知ってる」とポツリ。「市場なくなっちゃたもんね。あと、下北は踏切がないとダメよね」と、梅ヶ丘~代々木上原間の約2・2キロを地下化し、2013年に「開かずの踏切」9カ所が除却されたことを悲しんだ。

 「地元の方とかは“何言ってんだ”って言うだろうけど、東北沢の駅の中野通りの踏切がなくて泣きそうになっちゃった。あんなにイライラしてたのに、いっつも。いやぁ…」としみじみ。「なんにも無くなって来ちゃったんだよね。若い頃の風景が」と再開発が進み変わっていく街並みを寂しがった。

 また「実家ももう無いしさ。だから心の拠り所みたいなのが、どんどん無くなっていくなと思って」と心休まる場所が減っていることを嘆くマツコに有吉は「テレビ局だけでしょ?」とニヤリ。さらに「なかなか変わらないから、テレビ局は」と言われると「テレビ局の楽屋しか無いのよ。私の居場所がもう」と吐露。有吉から「楽屋が拠り所?」と聞かれ頷いたマツコは「居場所ないんだもん。本当に悲しい。こいつら(テレビ局スタッフ)にすがって生きなきゃいけないなんて悲しい」と語り笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月20日のニュース