五輪追加招集の阪神・梅野 “御礼”リーグ戦再開いきなり適時二塁打 持ち前の勝負強さ発揮

[ 2021年6月18日 19:00 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2021年6月18日    甲子園 )

<神・巨(10)>2回2死二塁、生還してナインの出迎えに笑顔の梅野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 東京五輪を戦う侍ジャパンへの追加招集が発表された阪神・梅野が、持ち前の勝負強さを発揮した。

 2回に佐藤輝、サンズの連続二塁打であっさり先制し、なおも1死二塁で打席へ。フルカウントから7球目の130キロスライダーを振り抜いた打球は、ジャストミートしなかったものの不規則な打球回転を描き、三塁手・岡本和の左を破る適時二塁打となった。

 試合前までリーグトップの得点圏打率・381を誇る勝負強さはこの日も健在。この日の試合前には負傷の会沢(広島)に代わって東京五輪を戦う侍ジャパン入りが発表された扇の要が、リーグ再開初戦で早速役割を果たした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月18日のニュース