交流戦Vのオリックス 杉本が先制14号「うまく風に乗ってくれた」

[ 2021年6月18日 18:47 ]

パ・リーグ   オリックス―楽天 ( 2021年6月18日    楽天生命 )

<楽・オ9>2回無死、右越えにソロ本塁打を放つ杉本(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 11年ぶりの交流戦優勝を果たした勢いが止まらない。6連勝でリーグ戦再開を迎えた一戦で、オリックスのラオウこと杉本が、先制の14号ソロを放った。

 「打ったのは真っすぐです。感触はそこまで良くなかったのですが、うまく風に乗ってくれたおかげでだと思いますし、先制点になってくれてよかったです!」

 0―0の2回先頭。3ボール1ストライクからの5球目、涌井の低め143キロをフルスイング。高々と舞い上がった打球は右翼席最前列に着弾。交流戦最終戦だった13日の広島戦に続く2戦連発で、主導権を奪った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月18日のニュース