日本ハム・上沢 チーム今季初完投で自身6連勝「自分で試合を締めくくれるのは嬉しい」

[ 2021年6月18日 22:28 ]

パ・リーグ   日本ハム2―1ソフトバンク ( 2021年6月18日    ペイペイD )

<ソ・日>9回一、二塁、長谷川を左飛に打ち取り吠える上沢(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 日本ハム・上沢がソフトバンク・石川との開幕投手対決を制し、チーム今季初完投でリーグ3位タイの6勝目を挙げた。

 2―0の7回は2死三塁からボークで失点する場面もあったが、気持ちを切り替えて踏ん張った。軸足の右足を投手板と平行に置き、左足を引いてから投げる上沢のワインドアップが、走者を置いたこの場面ではセットポジションとみなされたためで、「(審判から)左足を引いちゃ駄目と言われた。取られたのが初めてだったので、“何でだよ”と思いましたけど、ちゃんと説明してもらって仕方ないと思った」と振り返った。

 2―1の9回2死一、二塁では、長谷川の打球は左前への飛球となったが、左翼・西川がスライディングキャッチで好捕して上沢の完投をアシストした。127球の1失点完投で自身6連勝としたエースは「(西川の好守は)感謝したい。自分で試合を締めくくれるのは嬉しい。みんなとマウンドでハイタッチできるのはいいなと思った」と喜んだ。

 戦況を読み「今日に関しては代えたらやられる」と9回も上沢の続投を選択した栗山監督は「素晴らしかったね。何も言うことはない。ナオ(上沢)には悪いけど、頑張ってもらった」と最敬礼だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月18日のニュース