巨人・丸が「3番・中堅」で復帰 7回に9打席ぶり安打を放ち、3の1

[ 2021年6月18日 21:17 ]

セ・リーグ   巨人1―7阪神 ( 2021年6月18日    甲子園 )

<神・巨(10)>7回1死、丸は右前打を放つ(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 打撃不振により出場選手登録を外れていた巨人の丸佳浩外野手(32)が18日に再登録され、同日の阪神戦(甲子園)に「3番・中堅」で即先発出場。復帰戦は3打数1安打1四球だった。

 丸は巨人移籍3年目で初となる打撃不振による抹消。2軍調整中には長嶋茂雄終身名誉監督(85)にも直接指導を受け、交流戦後の15日に1軍合流してこの日の試合前に5日の抹消以来13日ぶりに再登録された。

 初回、2死走者なしで入った第1打席は四球で出塁。3回の1死走者なしでは内角低めスライダーを一ゴロ、4回の2死一、二塁では真ん中スライダーに空振り三振に倒れたが、1―7で迎えた7回、1死走者なしで入った第4打席では先発右腕・西勇の外角低めチェンジアップを右前に運んで9打席ぶり安打をマークした。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース