ロッテ 完封リレーで2連勝!先発の岩下、6回3安打無失点で今季5勝目

[ 2021年6月18日 21:08 ]

パ・リーグ   ロッテ5ー0西武 ( 2021年6月18日    メットライフD )

西武打線を封じる岩下(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテは先発の岩下が6回無失点の快投で今季5勝目をマーク。岩下が降板後も完封リレーでチームは2連勝を飾った。

 5月19日のオリックス戦(京セラD)以来、勝ち星がなかった岩下。序盤は2回に三者連続三振を奪うなど3回まで2安打無失点に抑えた。4回は2死一、三塁のピンチを背負うが、栗山を左飛で打ち取りピンチを切り抜けた。5回、6回と無安打無失点に抑えて6回101球を投げて、3安打無失点7奪三振で降板し、対西武戦は20年9月3日から5連勝となった。岩下が降板後は小野、佐々木千、東妻と無失点継投で試合を締めた。

 打線も0―0の3回1死二、三塁で荻野の左犠飛で先制に成功。4回も無死一、三塁で安田の右前適時打で加点。7回に相手のミスで1点追加すると、8回は1死走者なしで中村奨の4号ソロで加点し、さらに2死二塁で安田の左前適時打でリードを5点に広げた。

 西武は先発の高橋が6回2失点で今季3敗目。打線もロッテ投手陣から1点も奪えず敗戦した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース