【18日プロ野球見どころ】阪神は伝統の一戦で両リーグ最速40勝目なるか 代表選出選手の活躍も注目

[ 2021年6月18日 16:50 ]

阪神・西勇
Photo By スポニチ

 プロ野球はリーグ戦が再開される。6連勝中の阪神は甲子園で2位・巨人と対戦。7ゲームある差をさらに広げて独走態勢を築くことができるか。

 阪神は勝てば両リーグ最速で40勝に到達する。交流戦明け初戦は16年から4連敗中だが、巨人との対戦に限ると11年以来10年ぶり2度目。前回は4―2で勝利している。先発・西勇は今季巨人戦2戦2勝。8試合ぶりの白星を手にして通算100勝に王手をかけたい。

 巨人はケガから復帰した坂本が通算250本塁打にあと1本としている。達成すれば巨人では長嶋、王、原、松井、高橋、阿部に次ぐ7人目。高卒の右打者では球団初となる。交流戦明け初戦は18、19年に本塁打を記録。今季もアーチが飛び出すか。

 交流戦優勝のオリックスはエース山本が先発。17年以来4年ぶりの7連勝を狙う。33試合連続無失点中の平良(西)ら侍ジャパンのメンバーにも注目したい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月18日のニュース