中村稔さん死去 堀内恒夫さん「同じ時期に同じユニフォームを着て戦えたことに感謝しております」

[ 2021年6月18日 15:30 ]

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 元巨人投手で、巨人とロッテで投手コーチも務めた中村稔さんが死去したしたことが18日、分かった。82歳。三重県出身。

 中村さんは宇治山田商工(現宇治山田商)卒業後の1957年に巨人入りし、65年に20勝を挙げて優勝に貢献。巨人はこの年から9年連続で優勝する「V9」黄金期を築いた。

 現役時代に巨人のエースとして通算203勝をマークし、巨人監督も務めた野球解説者の堀内恒夫さん(73)は18日、自身のブログで「巨人軍の先輩ピッチャーである中村稔さんが6月2日の朝『天国に召されました。』との知らせを先日受けました」と中村さんの訃報に触れた上で「1965年 第1回ドラフト会議が行われ堀内が巨人軍に指名され入団した年 それは巨人軍V9の始まり『V1』の年でもあり そして 中村稔さん 城之内邦雄さん 宮田征典さんと20以上勝ったピッチャーが3人もいらしたという凄い年でもあったんだ」と当時を紹介した。

 「高校卒業したばかりの俺にとって中村さんは大人であり20勝ピッチャーであり現役時代お話しをしたことはもちろんあったけど緊張していたこともあってその会話はほとんど覚えてはいません」と堀内さん。「でも、同じ時期に同じユニフォームを着て戦えたことに感謝しております。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌」と追悼した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース