オリックス山本由伸が13イニングぶりの失点 味方の適時失策で

[ 2021年6月18日 19:29 ]

パ・リーグ   オリックス―楽天 ( 2021年6月18日    楽天生命 )

<楽・オ9>力投する山本(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 オリックス・山本由伸投手が3回2死一、三塁から守備の失策で1点を失った。浅村との五輪内定対決の第2ラウンド。一、二塁間の当たりを好捕した安達の送球が逸れ、一塁手・T―岡田の足がベースから離れた(記録は安達の失策)。

 前回11日の広島戦で8回零封だった山本の失点は、4日の中日戦6回に1失点して以来13イニングぶり。

 楽天戦に限れば前回対戦は9回無失点(試合は引き分け)で、今季2試合目で許した初失点だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース