DeNA 2カ月以上の“長期ロード”は黒星発進…史上初「本拠東京D」開催飾れず最下位転落

[ 2021年6月18日 21:23 ]

セ・リーグ   DeNA4―7広島 ( 2021年6月18日    東京D )

<D・広>3回、浜口の交代を告げベンチへ戻る三浦監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 プロ野球は18日からリーグ戦再開。DeNAは“本拠”東京ドームで広島に4―7で敗れ、再び最下位転落。先発の浜口遥大投手(26)が今季最短となる2回1/3を6安打7失点で5敗目(4勝)。東京五輪開催のため2カ月以上に及ぶ“長期ロード”は黒星発進となった。

 DeNAは本拠横浜スタジアムが東京五輪の野球、ソフトボール会場となるため8月下旬まで使用できず。18日からの広島3連戦では東京ドームが本拠として開催。セ・リーグ公式戦で巨人以外の球団が東京ドームを本拠とするのは史上初の“珍事”となった。

 試合は浜口が与四球5と制球に苦しみ、2回1/3を6安打7失点の乱調で降板。打線は3回、桑原が5号ソロを放つなど反撃するも及ばず。浜口は交流戦では3試合の登板で2勝0敗、防御率0・90は日本ハム・伊藤と同じくトップタイ。勢いに乗って臨んだリーグ再開初戦は苦いマウンドとなった。

 <今後のホーム日程>
6月18~20日 広島戦(東京D)
6月29~30日 中日戦(神宮)
7月2~4日 巨人戦(神宮)
8月14~15 ヤクルト戦(新潟)
8月17~19 阪神戦(東京D)

※8月31日広島戦以降は横浜スタジアム開催

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月18日のニュース