DeNA・牧秀悟が腰の張りで欠場 19日以降は「状態を見ながら」と三浦監督

[ 2021年6月18日 21:58 ]

セ・リーグ   DeNA4ー7広島 ( 2021年6月18日    東京ドーム )

<D・広9>スタメンを外れた牧は攻守交代時にナインを出迎える(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・ドラフト2位の牧秀悟内野手が18日、東京ドームで行われたDeNA―広島9回戦で、先発メンバーから外れた。ベンチ入りはしたものの出場機会もなかった。試合後に三浦大輔監督は「牧は腰の張りを訴えたので無理をさせなかった。まだ無理をさせる時期ではないと判断した。訴えたのは(交流戦以降の)練習期間中」と説明。あす以降の出場については「状態を見ながら判断する」とした。

 牧はここまで4月23日の阪神戦を休養で1試合欠場したほかは、64試合に出場。打率・294、35打点11本塁打をマークしている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース