ヤクルト石川3連勝 番長に並ぶ294試合連続先発のセ記録

[ 2021年6月18日 23:33 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―2中日 ( 2021年6月18日    神宮 )

帽子を取ってファンにあいさつする石川(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・石川雅規投手(41)が6回5安打2失点で3連勝を飾った。三浦大輔の持つ294試合連続先発のセ・リーグ記録に並んだ試合で白星。「リーグ戦始まっての初戦。大事な試合だと思っていたので、チームが勝ってよかった」と気持ちよさそうに汗を拭った。

 高津監督は「ポジションを守り抜く難しさや体調を維持する難しさ、いろんな壁を乗り越えた結果だと思う。丈夫で技術がないとそこまでできないと思うし、すべてが兼ね備わった記録」と称賛。リーグ戦再開初戦で勝利に導いたベテラン左腕に「石川でいいスタートを切りたいと思っていた。すごくいいピッチング。託してよかったなと思いました」と労った。石川は「“任せてよかった”と言ってもらったのが、一番うれしい言葉」と喜んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース