中日・柳、5回1/3を5失点で降板 防御率リーグ№1右腕、ヤクルト打線に飲み込まれた

[ 2021年6月18日 19:44 ]

セ・リーグ   ヤクルト―中日 ( 2021年6月18日    神宮 )

<ヤ・中 9>6回1死、中村に左翼線二塁打を打たれ降板する中日の先発・柳(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中日・柳は2発に沈み、5回1/3を5失点で降板した。

 初回2死二塁から村上に先制2ランを浴びると、2―2の6回には1死一、二塁からオスナに痛恨の勝ち越し3ランを被弾。試合前の時点でリーグトップの防御率1・89を誇る右腕はヤクルト打線に飲み込まれ、「何とか粘りたかったです」とベンチで反省の汗をぬぐった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース