進撃のオリックスが4年ぶり7連勝! 交流戦王者がリーグ首位楽天も制す

[ 2021年6月18日 21:14 ]

パ・リーグ   オリックス5―2楽天 ( 2021年6月18日    楽天生命 )

<楽・オ9>3回2死一塁、T-岡田の右前打にグラブを叩く山本(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 オリックスが1分けを挟んで7連勝を飾った。7連勝は17年5、6月以来。先発の山本は6回3安打2失点でハーラートップタイの7勝目を、自身4連勝で飾った。

 2度目の交流戦優勝を果たした絶好調のたオリックスが、勢いそのままにリーグ戦再開後の初戦で首位の楽天からも白星を挙げた。

 楽天は先発の涌井が2本塁打を浴びるなど4回5失点と誤算だった。

 ▼オリックス・山本 調子自体は悪くなかったと思いますが、球数が多くなってしまい、少し苦しい投球になってしまいました。ただ、その中でも、しっかりとリードを保ってリリーフ陣につなぐことができたところは良かったですし、なんとかゲームをつくることができたと思います。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース