Dバックスがロード23連敗 ついにワースト記録を更新 オリオールズも同じスコアで19連敗

[ 2021年6月18日 08:30 ]

3回の投手交代時に野手に指示するダイヤモンドバックスのラベロ監督(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスは17日、敵地サンフランシスコ(カリフォルニア州)でジャイアンツに3―10で敗れ、14連敗を喫して20勝50敗。ロードでは4月25日にアトランタ(ジョージア州)でブレーブスとのダブルヘッダーを両方勝ってから白星がなく、1943年にアスレチックス(フィラデルフィア時代)、1963年にメッツが喫していたメジャー・ワーストのロード連敗記録(22)を更新してしまった。

 先発したダイヤモンドバックスのザック・ギャレン(25)は2回2/3で4安打を打たれて4失点。この日は3投手がマウンドに立ったが、ナ・リーグ西地区首位のジャイアンツ(44勝25敗)に15安打を許して勝機はつかめなかった。

 ダイヤモンドバックスを率いているのは2000年にヤクルトに内野手として在籍したトーリ・ラベロ監督(55=ヤクルト在籍時の表記、トレイ・ロブロは発音が不正確)。就任初年度の2017年は93勝69敗(ナ・リーグ西地区2位)の好成績を残したが、5シーズン目の今季は屈辱的な記録と直面することになった。

 また敵地クリーブランド(オハイオ州)でインディアンズと対戦したオリオールズもダイヤモンドバックスとまったく同じスコア(3―10)で敗れ、8連敗で22勝46敗。ロードでは5月5日にシアトル(ワシントン州)でマリナーズを6―0で下して以来、黒星が続いておりこれで19連敗となった。

 なおダイヤモンドバックスもオリオールズも18日からはホーム(アリゾナ州フェニックスとメリーランド州ボルティモア)で6連戦に臨むことになっている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月18日のニュース