阪神・ロハス また打ったウエスタン7号!絶好調も外国人枠で再昇格難しく…

[ 2021年6月18日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神9-3オリックス ( 2021年6月17日    オセアンBS )

<オ・神>3回2死一塁、2点本塁打を放ち生還し木浪(左)とタッチを交わすロハス(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神・ロハスは「3番右翼」で先発出場し2試合ぶりの7号2ランを放った。

 3回2死一塁、右腕・山崎颯の真っすぐを捉えた一撃は逆風にも負けることなくバックスクリーン左に着弾。「徐々に日本の投手に慣れてきたかな。直球が打てないと変化球に対応することもできない。今はうまく対応ができ始めている」。

 最近5試合で4本塁打。状態は右肩上がりだが、矢野監督は外国人枠の兼ね合いもあることから「今すぐ上げることはない」と再昇格に慎重な姿勢を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月18日のニュース