広島・玉村がプロ初勝利 今季高卒2年目でドラ1以外の先発勝利は12球団初!

[ 2021年6月18日 23:37 ]

セ・リーグ   広島―7―4DeNA ( 2021年6月18日    東京D )

プロ初勝利を挙げた広島・玉村(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島・玉村昇悟投手(20)は、自己最長の7回を2失点10奪三振と好投し、自身5度目の先発でプロ初勝利を挙げた。先発5度目での初星に「勝てて良かった」と安どした。

 ロッテ・佐々木朗、ヤクルト・奥川らと同学年の高卒2年目。「朗希世代」で勝利投手となったのは、玉村で6人目となった。
 同学年の一番星は、昨季中にプロ初勝利を挙げたオリックス・宮城。高卒2年目となる今季を迎えて、ヤクルト・奥川、阪神・西純、及川、ロッテ・佐々木朗がプロ初勝利を達成した。

 及川以外は先発での勝利投手で、4人ともドラフト1位で指名された選手だった。1位指名以外では、同6位入団の玉村が「先発勝利」一番乗りとなった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月18日のニュース