中日・加藤翔 史上初2球団で初打席初球本塁打 「いいもの見せられた」家族見守る前で衝撃デビュー

[ 2021年6月18日 21:02 ]

セ・リーグ   中日2ー5ヤクルト ( 2021年6月18日    神宮 )

<ヤ・中>3回1死、左中間本塁打の加藤翔(中央)はナインの出迎えを受ける (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテからトレードで加入した中日・加藤翔が移籍後、初打席で初球本塁打を放った。

 「8番・右翼」で先発出場し、3回1死から石川の高めスライダーを左翼席へ運び「受け身になったら、トレードで新しい機会を与えていただいた意味がなくなってしまう。とにかく積極的にという気持ちでした」と笑みを浮かべた。

 ロッテ時代の13年にも新人野手では史上初となるプロ初打席で初球本塁打をマーク。2球団での初打席初球本塁打も史上初の快挙で、新天地でもど派手なデビューを再現した。

 コロナ禍のため、妻と3歳の息子は普段、球場で観戦していないが新天地での第一歩とあり、この日は神宮球場で活躍を見届けた。

 急なトレードだったため、都内に住む家族と離れ、当面は単身で名古屋で生活を送ることになる。「パパも頑張るよ、といいものを見せられた」と満足顔。「1軍にいれば、関東で試合がある。モチベーションの1つにしていけたら」と加藤翔。

 衝撃のデビューを飾ったもののチームは敗れただけに「まだまだ、この1本じゃ恩を返せない。1つでもチームの勝利に貢献することが感謝を表すもの。明日からも頑張っていきたい」と活躍することが何よりの恩返しと信じ、竜の加藤翔平として大きく羽ばたくことを誓った。

 ○…加藤翔がロッテ時代、プロ初打席初球本塁打をマークしてたのは13年5月12日の楽天戦。その時は左打席、この日は右打席での一発だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース