阪神、今季2度目の7連勝 両リーグ最速40勝到達! 投打に2位の巨人を圧倒

[ 2021年6月18日 21:00 ]

セ・リーグ   阪神7―1巨人 ( 2021年6月18日    甲子園 )

<神・巨(10)> 3回無死満塁、右中間へ本塁打を放ったサンズ(手前)を迎える阪神ナイン(撮影・平嶋 理子)                        
Photo By スポニチ

 阪神は投打に2位巨人を圧倒し、今季2度目の7連勝。両リーグ最速の40勝に到達した。

 2回に先頭佐藤輝の二塁打を皮切りに、メルセデスから4本の二塁打を放ち3点を先制。さらに3回には、無死満塁からサンズが2番手・田中豊のスライダーを右中間スタンドまで運ぶ13号グランドスラムを放ち、早々と試合を決めた。

 先発の西勇は大量援護にも気を緩めることなく、7回を5安打1失点と好投して4月20日巨人戦以来、自身8試合ぶりの4勝目。NPB通算99勝とし、節目の大台に王手をかけた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース