エンゼルス・大谷 2戦連発19号&バント安打で10個目盗塁 イチローに並んだ3度目2桁弾&2桁盗塁

[ 2021年6月18日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス4ー8アスレチックス ( 2021年6月16日    オークランド )

<アスレチックス・エンゼルス>2回、19号ソロを放つ大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が16日(日本時間17日)、アスレチックス戦に「2番・DH」で出場し、2回に2戦連発となる19号ソロを放った。5回にはバント安打を決め、今季10個目の盗塁も記録。同一シーズンの2桁本塁打&2桁盗塁は2年ぶり3度目で、日本選手最多のイチロー(マリナーズ)に並んだ。17日(同18日午前10時38分開始)は本拠地でのタイガース戦に先発する。

 打席での大谷らしさは、2つある。大技と小技だ。2回に右翼2階席へ19号ソロ。飛距離435フィート(約133メートル)の特大弾を放った後の次の打席だった。

 「本塁打でいくよりは確率が高いと思った。確実に出られるし、試合もどうなるか分からない状態だった」

 4―1の5回先頭。内野陣が一塁側に寄る「大谷シフト」で、がら空きの三塁前に転がした。打球速度110・9マイル(約179キロ)の一発に続き、33・6マイル(約54キロ)の今季3本目のバント安打。すぐさま二盗も決めた。

 「600フィート(約183メートル)のホームランを打つよりも、あのバントは印象的だったよ」

 ジョー・マドン監督は痛快に笑った。投げては160キロの直球に120キロのカーブを投げる二刀流。打席でも「緩急」を使う野球センスにほれ直した。

 3度目の2桁本塁打&2桁盗塁は、日本選手ではイチローに並ぶ最多。憧れのレジェンドから19年3月の引退会見で「世界一にならないといけない選手」と送られたエールを胸に刻んでおり「常に目標になる存在。それはこれからもずっと変わらない」と言う。14日には球宴のファン投票第1回中間発表がされ、DH部門で2位に23万票の大差で1位に躍り出た。日本選手では10年のイチロー以来、11年ぶりのファン投票選出が一気に現実味を帯び「素晴らしい打者が多い中で投票してもらい凄くありがたいなと思う」と感謝した。

 本塁打は左腕アービンのスライダーを捉えた。左腕から2試合連発はメジャー移籍後初で今月4本は全て左腕からだ。「元々苦手とは思っていない。数をこなすうちに、慣れの部分が大きいのかな」。左打者の大谷が左腕から打った本塁打は昨季までの3年間で6本。今季は19本中8本と量産する。経験を積むことで課題を克服し、穴がなくなってきた。

 17日(日本時間18日)はコロナ禍後初めて入場者の制限がなくなる本拠地のマウンドに立つ。「(打者でも)常にいく準備はしたい。満員でできるので楽しみです」。もう一つ、今度は大谷しかない才能を輝かせる。

 ≪井口2度≫大谷のメジャー3度目の2桁本塁打&2桁盗塁はイチローと並び日本選手最多。イチローは03年に13本&34盗塁、05年に15本&33盗塁、09年に11本&26盗塁だった。他に井口資仁が2度、青木宣親と福留孝介が1度ずつマーク。

 ≪松井以来の2度目20発王手≫本塁打は2度目の20本に王手。過去20本以上は大谷の他に5度の松井秀喜しかいない。松井は04、07年のチーム106試合目の到達が最速。エ軍はこの日が68試合目で、上回るのは確実な勢い。松井の04年は最終的に日本人最多31本、07年は25本だったが、大谷がどこまで伸ばすか。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月18日のニュース