ソフトバンク・千賀 侍入りあるぞ!復帰即158キロ「思った以上に投げられた」

[ 2021年6月18日 05:30 ]

練習試合   ソフトバンク3軍8ー0火の国サラマンダーズ ( 2021年6月17日    タマスタ筑後 )

<ソフトバンク3軍・火の国サラマンダーズ>先発し4回無失点の千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 左足首のじん帯損傷から復帰を目指すソフトバンク・千賀がタマスタ筑後で行われた九州アジアリーグ「火の国サラマンダーズ」との3軍練習試合で先発し51球で4回3安打無失点。約2カ月半ぶりの実戦で最速158キロを記録し「思った以上に投げられた」と語った。

 右腕の復帰は東京五輪で金メダルを狙う侍ジャパンにも朗報だ。16日に発表された内定24選手では選外。だが稲葉監督は「まだ正直入れ替えは可能」として復帰途上の選手の動向も見守る方針を示していた。17年のWBCでは日本選手で唯一、ポジション別優秀選手に選ばれた右腕。復帰が順調で侍投手陣に故障者など非常事態があれば、緊急招集の候補になるかもしれない。

 今後は球数を増やしていく予定。「どれだけいい準備をするか」と先を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月18日のニュース