1軍復帰の巨人・丸が1安打1四球 「振っていく球、我慢する球を区別できた」

[ 2021年6月18日 22:15 ]

セ・リーグ   巨人1―7阪神 ( 2021年6月18日    甲子園 )

<神・巨(10)>7回1死、丸は右前打を放つ(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 不調に伴う2軍調整を経て1軍に復帰した巨人・丸佳浩外野手(32)が、3打数1安打1四球と2度出塁し「しっかりと振っていく球、我慢する球を区別できた。あとは振りにいった時に仕留められるように」と話した。

 初回の1打席目に四球を選び「ああやって球を選ぶのも僕のプレースタイルの特長だと思う」と振り返り、7回の右前打には「負けて悔しいですけど、明日につながる1本だと思う」と前を向いた。
 原監督も「1本出たので、本人も明日またいい精神状態で臨めるんじゃないでしょうか」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月18日のニュース