ヤクルト・村上 藤浪討ち決勝18号!最近10戦6発、G岡本に接近5差

[ 2020年9月27日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―1阪神 ( 2020年9月26日    神宮 )

<ヤ・神17>6回無死、中越えに勝ち越しソロ本塁打を放った村上はナインに迎えられ笑顔(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・村上が同点の6回に藤浪の内角高めの152キロ直球をバックスクリーンへ運ぶ18号決勝ソロ。「真っすぐが(藤浪の)一番良いボールだと思っていた。それを打てたらという思いで打席に立った」と話した。

 初回には右前適時打も放ち、勝利に導いた。これで最近10試合で6発。リーグトップの巨人・岡本に5本差となりタイトルも視界に入る。「前半戦はなかなか本塁打が出なかったので、まだ足りない。もっと打てるように」とさらなるペースアップを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月27日のニュース