明大・入江 6回3失点で今季初白星も「30点の出来」

[ 2020年9月27日 05:30 ]

東京六大学野球第2週第1日   明大9―4立大 ( 2020年9月25日    神宮 )

<立大・明大>6回1死一、二塁、立大・小沢を空振り三振に仕留め雄叫びをあげる明大・入江(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 明大の153キロ右腕・入江は6回3失点ながら今季初白星を挙げた。

 雨の影響もあって最速は148キロにとどまり、3回までに先頭打者弾を含む2発を浴びた。「30点の出来。でも打線が点を取ってくれたから粘らなきゃ」と4回以降はスライダーを主体に得点を許さなかった。5回に逆転の中越え2点二塁打を放った女房役の3年生・植田は「入江さんに白星をつけたかった」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月27日のニュース