楽天 ノリン対策してたのに…三木監督、戸惑い「初回で代わってしまった」

[ 2020年9月27日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天1―5西武 ( 2020年9月26日    メットライフD )

<西・楽16>5回2死二塁、小深田の中前打で本塁突した田中がタッチアウト。三木監督のリクエスト要求も判定変わらず(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天は西武のめまぐるしく代わる8人継投に幻惑され、6安打で1点止まり。三木監督は「ノリン(の対策)のミーティングをしていたのが、初回で代わってしまった」と戸惑い気味に振り返り、「臨機応変に対応しなければ、といったが封じ込められた」と話した。

 2回に1点を先制するも3回以降は不発。5連勝のあとは2連敗。首位・ソフトバンクとは5.5ゲーム差に開いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月27日のニュース