阪神・サンズ 来日初のバント企図も失敗 不振脱却へのアイデア不発

[ 2020年9月27日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-2ヤクルト ( 2020年9月26日    神宮 )

<ヤ・神(17)>6回無死一塁、サンズは投犠打を試みるも失敗(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・サンズの不振脱却へのアイデアは不発に終わった。

 2打数無安打で迎えた同点の6回無死一塁で初球にセーフティーバントを敢行。バント企図は来日初めて。投手左へ勢いよく転がり、一塁走者の糸井が二塁で封殺された。

 前日までの5試合で計3安打という低調な流れを変えるためとみられるとはいえ、強打を期待される4番としては、もったいない結果だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月27日のニュース