阪神・藤浪 プロ初の連投で無失点

[ 2020年9月27日 21:41 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年9月27日    神宮 )

<ヤ・神>8回1死一塁、青木を遊ゴロ併殺打に仕留め、小幡らとタッチをかわしてベンチに戻る藤浪(左)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 プロ初の連投のマウンドに上がった阪神・藤浪が、1イニングを無失点に抑えた。

 6点リードの8回から登板。先頭の代打・宮本に対して152キロ2球で追い込むと、カウント2―2から速球で詰まらせて弱いライナーに封じた。1番浜田に中前打を許すも、続く青木は初球の150キロで押し込んで遊ゴロ併殺打。12球、打者3人で切り抜けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月27日のニュース