ダルビッシュ 7回無失点5Kで8勝目 自身2度目のタイトル獲得ほぼ手中「自信になる」

[ 2020年9月27日 02:30 ]

インターリーグ   カブス10―0ホワイトソックス ( 2020年9月25日    シカゴ )

ホワイトソックス戦に先発し、今季8勝目を挙げたカブスのダルビッシュ有(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有が60試合に短縮されたシーズンを、自己最高のパフォーマンスで駆け抜けた。12試合に登板し8勝。最多勝をほぼ手中にし「ショートシーズンはみんな同じ状況、その中で一番のものがあるのは、自信にはなります」と胸を張った。13年の最多奪三振に次ぐ、自身2度目のタイトルとなる。

 直球の精度アップが好投の要因だ。3回2死三塁。左打者モンカダにカーブで空振りさせた後、今季最速タイとなる98マイル(約158キロ)で見逃し三振に斬った。「外の真っすぐで見逃し三振を取ったというのは、この4日間、一番練習していた部分」と説明した。

 今季はカットボールやスライダーの割合が増えているが、さらなる進化を見据える。「カッター(カットボール)、スライダーでずっと投げ続けるのは難しいなと感じたので。将来を見据えた感じです」。34歳。探究心は尽きることがない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月27日のニュース