阪神・サンズ 大ファインプレー 巨体揺らしてダイビング

[ 2020年9月27日 20:17 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年9月27日    神宮 )

<ヤ・神>4回2死二塁、エスコバーの左飛を好捕するサンズ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 阪神の助っ人・サンズが大ファインプレーでチームを救った。

 3―2と1点リードでむかえた4回だ。2死二塁の同点のピンチで、先発・秋山がエスコバーに打たれた飛球は左翼を守るサンズの前へ。定位置付近を守っていただけに落ちるかと思われたが…。

 1メートル93、102キロの巨体を揺らして前進し、カラダを地面に叩きつけるようなダイビングキャッチを成功させた。同点を確信していたヤクルトファンからため息が起こるファインプレー。打っても初回に先制打を放っており、連敗ストップへ、攻守で躍動している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月27日のニュース