久留米大・片江 2失点完投でリーグ戦初勝利!ドラフト候補の北九大・益田に投げ勝つ

[ 2020年9月27日 05:30 ]

福岡六大学野球 秋季リーグ戦第2週1日目   久留米大4―2北九大 ( 2020年9月26日    春日 )

昨秋優勝の北九大を2失点に抑えた久留米大の片江
Photo By スポニチ

 久留米大の先発・片江莉己投手(りき、4年)は、8安打を許しながら2失点完投でリーグ戦初勝利を挙げた。北九大は、今秋ドラフト候補で先発した益田武尚投手(4年)が6回途中4失点で降板した。ほか、九国大が初勝利を挙げ、福岡大が開幕3連勝で単独首位に立った。

 北九大の152キロ右腕・益田に投げ勝った久留米大の片江は「僕は140キロ台も出せません。MAX138キロがやっと」とはにかんだ。3回に同点ソロを許したが中盤は無失点。9回に追い上げを受けるも最少失点に抑えて、「打たせて取る自分の投球ができた」。昨年まで未勝利の男が2失点完投で念願のリーグ戦初勝利を手にした。

 佐賀・神埼高出身。大学では昨秋初めて先発を経験したが2試合未勝利に終わった。21日の福岡大戦は延長10回タイブレークの末に3―4で完投負け。「今日は先制点を守りたかったが同点にされ申し訳なかった。でもすぐ打線が得点してくれてありがたかった」と感謝も忘れなかった。

 片江が1勝目なら同じく4年の竹迫は大学1号アーチ。「速球投手の真っすぐにヤマを張った」と2回に直球を左翼席に運んだ。今季から4番に座わり、150キロにセットした打撃マシンを打ち込み益田攻略につなげた。「好投手から勝てたのは大きな収獲」と栗秋悠斗監督。4年生コンビでつかんだ初勝利で今後のリーグ戦へ弾みをつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月27日のニュース