西武・源田「走るのが気持ち良かった」決勝三塁打!3安打で打率も急上昇

[ 2020年9月27日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―1楽天 ( 2020年9月26日    メットライフD )

<西・楽16>7回1死一、二塁、勝ち越しの適時三塁打を放った源田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・源田は三塁ベースに滑り込みながらすでにガッツポーズをしていた。「何とかここで一本と思った。球場全体が盛り上がって三塁まで走るのが気持ち良かった」。1―1の7回1死一、二塁。酒居の142キロの直球を振り抜いた打球は左中間を破る決勝2点三塁打となった。

 初回と5回にも左前打して3安打。8月を終えて打率.237と低迷していたが、.280まで上げてきた。「僕自身どうなるかと思っていた」というが、打席でのタイミングの取り方の確認は続けた。「どうしても数字がついてこないと、動きが小さくなっていた」。打席ではゆったりと待ち、しっかり振ることに集中。スムーズに球を捉え始め本来の打撃を取り戻した。

 今季からレッズに移籍した秋山の後任で主将に就任。チームは5位に低迷しているが「自分が駄目な時でも暗くならないよう切り替えてやっている」と鼓舞する。「僕らは勝つしかない。もっと頼りがいのある選手になります」と言った。(大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月27日のニュース