阪神・高橋 投手戦演じた菅野に刺激「見ていてもすごいなと。中5日でああいう投球をする」

[ 2020年8月18日 21:18 ]

セ・リーグ   巨人1―0阪神 ( 2020年8月18日    東京D )

<巨・神>力投する高橋(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の先発・高橋は本調子でない中、巨人のエース・菅野と投手戦を演じた経験を今後に生かすつもりだ。

 4回に浴びた岡本のソロによる1失点のみで7回まで力投。「今日の出来はそんなに良い方じゃなかったんで。この調子でも1点に抑えられたのは自信というか」と振り返った。

 それでも「見ていてもすごいなという。1回から9回まで精度だったり強さが変わっていなかった。何年も投げて、中5日でああいう投球をする」と、点差以上に菅野との差を痛感したことも確か。黒星と引き替えに、背番号29は、チームの柱となるための多くの刺激を得たはずだ。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース