東海大相模の2年・石田 素手で打球はじき落とすド根性!“つかんだ”大きな経験

[ 2020年8月18日 05:30 ]

2020年甲子園交流試合最終日   東海大相模2―4大阪桐蔭 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<大阪桐蔭・東海大相模>東海大相模・石田のピッチング(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 特別な舞台なのは、下級生にとっても同じだった。1試合に懸ける気持ちが、東海大相模の左腕・石田隼都(2年)の体を張ったプレーに表れた。1点リードの7回1死一、二塁。痛烈なピッチャー返しの打球を利き手の左手で止めた。三塁送球は大きくそれた。指がしびれて感覚がなかったからだ。

 球審に許可を得た門馬敬治監督がマウンドへ歩み寄り「大丈夫か」と声を掛ける。左手を震えさせながらも「大丈夫です。抑えられます」の力強い言葉と目に指揮官は続投の判断を下した。石田は次打者に同点犠飛を許したものの、拳を強く握ると徐々に指の感覚が戻ってきた。思いきり腕を振ったチェンジアップで3番・西野力矢(3年)を空振り三振斬り。普段は淡々と投げる男が大きく吠えた。

 背番号10の先発は、試合開始1時間前に発表された。「ベンチ入りが決まってから、先発する気持ちだったので、驚きはなかった」と石田は準備万端。門馬監督は準々決勝に勝ち進んでいる神奈川の独自大会との球数制限は考えず、「安定感のある者を使おう。石田でいこう」と特別な一戦を託した。

 1年時の昨夏も立った甲子園のマウンドを「一度経験しているので、緊張もなかった」と振り返る。速いテンポから140キロを計測した直球にスライダー、チェンジアップを織り交ぜ、7回2失点で8奪三振。早くも来年のドラフト候補に挙がる実力を発揮した。

 「甲子園を経験した2年生で引っ張り、ここに戻ってきて、優勝できるように頑張りたい」。1試合きりの甲子園は新たなスタートの場でもある。 (柳内 遼平)

 ◆石田 隼都(いした・はやと)2003年(平15)4月5日生まれ、栃木県出身の17歳。小3から投手で野球を始め、真岡中では硬式の真岡ボーイズでプレー。東海大相模では1年春からベンチ入り、50メートル走6秒5。遠投100メートル。1メートル83、76キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース