巨人・原監督「ジャイアンツの中でも名を残す投手になると思いますね」中5日で完封、菅野を絶賛

[ 2020年8月18日 21:02 ]

セ・リーグ   巨人1―0阪神 ( 2020年8月18日    東京D )

<巨・神>開幕以来無傷の8連勝を飾り原監督(右)に迎えられる菅野(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 首位・巨人は主砲・岡本和真内野手(24)の17号ソロで挙げた虎の子の1点をエース・菅野智之投手(30)が今季3度目の完封勝利で守り切って連敗を2でストップ。貯金11とした。

 原辰徳監督(62)は巨人・菅野、阪神・高橋と両先発投手の息詰まる投手戦に「両軍投手、非常にね、緊張感のある(展開の中で)…ジャイアンツが幸い1点を守り切ったというところですけれども、見事なピッチングだったと思いますね」とエースの投球に感服。菅野はこれで開幕8連勝、完封は早くも今季3度目となったが「一番良かったんじゃないでしょうか」と今季最高の内容と称えた。

 「緊張感の中で力を発揮したという。特に後半につれてですね、点を取ってからも非常にいいピッチングをしてくれました」と原監督。菅野の開幕8連勝は巨人では1990年斎藤雅樹以来30年ぶりとなったが「斎藤という投手も素晴らしかったし、菅野智之という投手もね、ジャイアンツの中でも名を残す投手になると思いますね」と目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース