明大 猛攻で初白星 就任初年度の田中監督「秋に向けて足りない部分が分かった」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

東京六大学野球・第8日   明大9―1東大 ( 2020年8月17日    神宮 )

<明大・東大>初回2死二塁、西山の適時打に沸く明大ナイン (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 明大が初回に6安打5得点の猛攻で東大に快勝。最終戦で初白星を挙げた。「朝のアップから先制しようと話し合っていた」。初回無死一、三塁から左中間2点二塁打を放った公家(くげ)主将がうなずいた。

 「秋に向けて足りない部分が分かった」と就任初年度の田中武宏監督。公家も「バントの重要性をかみしめて練習したい」と語気を強めた。

 ▼東大・井手峻監督(初回5失点が響き、リーグ戦46連敗で45季連続の最下位が決定)明日は滑り出しをしっかりして、貪欲に1勝を目指します。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース