大阪桐蔭・吉安 5番捕手で攻守に貢献「他の球場とは違ったし、楽しかった」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

2020年甲子園交流試合最終日   大阪桐蔭4-2東海大相模 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<高校野球交流試合 大阪桐蔭・東海大相模> 初回2死一、三塁、大阪桐蔭・吉安は先制の右前適時打を放つ (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 「5番捕手」でフル出場した大阪桐蔭の吉安遼哉が攻守で勝利に貢献した。初回2死一、三塁で先制の右前打を放つと8回無死一塁では中前打で好機拡大。3安打1打点に「最後なのでとにかく楽しもうと思った。ここまで甲子園のために練習を頑張った。他の球場とは違ったし、楽しかった」と満面の笑みを浮かべた。

 大阪の代替大会前の練習で腰を痛め、復帰したのは最終戦となった準決勝・履正社戦。昨秋も同箇所を故障しており「本当に情けなかった」と振り返ったが、最後の一戦でしっかりと結果を残した。

 守備面でも同期の藤江、2年生の松浦の両左腕を巧みにリードし強打の東海大相模打線を7回の2点だけに封じた。「藤江は低めを丁寧に突き、真っすぐを内角にと言っていた。松浦は真っすぐで押せるので、あとは浮かないよう低めに」。最後まで冷静だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース