ニグロリーグ創設100年 左胸に記念パッチ付けて試合

[ 2020年8月18日 02:30 ]

ニグロリーグの創設100年を祝うイベントで、エンゼルス・大谷も左胸に記念のパッチを付けて試合に臨んだ(共同)
Photo By 共同

 大リーグはニグロリーグ(黒人リーグ)の創設100年を祝うイベントを開催。全球団の選手、監督、コーチ、審判員が左胸に記念のパッチを付けて試合に臨んだ。

 ミネソタ州の白人警官による黒人男性暴行死事件に端を発した抗議活動が盛んな中で迎えた節目の年。ニグロリーグ博物館のケンドリック館長はMLBネットワークのインタビューで「多様性や社会的な進歩についての物語なんだ」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース