日本ハム・上沢 浅村斬りの誓い「初戦である程度崩しておけば」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

日本ハム・上沢
Photo By スポニチ

 6連戦の初戦に先発する日本ハム・上沢が楽天・浅村斬りを誓った。「初戦である程度崩しておけば、6連戦(その後)はあまり打たれずに済むのかなと思う。乗せてしまうとずっと打っているイメージがある」と初戦の重要性を強調した。

 現在タイトル争いでも同僚・中田がトップに立つ本塁打、打点の2部門で2位につけ、「アウトコースに投げておけば長打はないというのが通用しない。逆方向にも長打が打てる」と警戒。昨年の左膝骨折から復帰した右腕は今季同一カード初戦を任され、すでに2勝。自身18年9月以来の同戦で浅村を抑えて3勝目を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース