山梨学院 負傷3年エース代役継投で1年の川口&古川がリレー!吉田監督「甲子園の神様が…」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

2020年甲子園交流試合最終日   山梨学院8―3白樺学園 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<白樺学園・山梨学院>力投する山梨学院先発の川口(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 エースの不在。その苦境を1年生の3失点リレーで乗り切り、快勝した山梨学院の吉田洸二監督は「甲子園の神様が守ってくれたような不思議な試合だった」と表現した。

 本来は3年生の左腕・吉川大が先発するはずだった。ところが、山梨の代替大会決勝で打球が顔面を直撃。顎を3カ所骨折し、登録メンバーを外れた。それでも、今大会初の1年生先発として代役に抜てきされた川口龍己が、4回0/3を2失点。2番手で吉川から背番号1を託された1年生左腕・古川秀将も5回1失点に抑えた。川口は「吉川さんがいなくて不安だった。2人で何とか抑えきって良かった」と安どの表情を浮かべた。

 吉田監督の洞察力も光った。「夏はベストの布陣を敷く。スピードが遅ければ遅いほどいいんではないかと思った」。1年生2人の球速は120~130キロで相手打線のタイミングを外した。スタンドで観戦した吉川は大会直前、一人一人に「しっかり頑張れ」とLINEを送って激励した。古川は「“俺の分まで頑張れ”と言われた。不安だったけれど、先輩からの声、堅い守りが支えになった」。横浜前部長の小倉清一郎臨時コーチに鍛え上げられた守備も無失策で援護した。

 「吉川はいつも先頭に立って走ってくれた。その姿勢が(2人の)好投を呼んだと思う」と吉田監督。高校野球の明日を担う1年生が躍動し、特別な夏は幕を閉じた。(松井 いつき)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース