巨人 先発ローテは中5日で登板へ 原監督「5日が短いとは思わない 俺は違う」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

巨人・原監督
Photo By スポニチ

 首位の巨人は、きょう18日の阪神戦から先発投手を全員中5日で登板させる見通しとなった。信頼する投手を順番に登板間隔を詰めて起用していくもよう。首脳陣にはかねて「良い投手からつぎ込んでいきたい」との思惑があり、原監督は「5日が短い間隔とは思わない。世の中そうなっているかもしれないけど、俺は違うと思う」と話していた。

 先週は11日の火曜日に試合がなく、12~16日は菅野、メルセデス、戸郷、田口、畠が先発。今週はこの5人が1日ずつ間を詰めて、順番に先発する。2位・DeNAに4ゲーム差をつけているが、現在は2連敗中。首位固めに向け、まずはエースの菅野に連敗ストッパーを託す。

 宮本投手チーフコーチは9日の中日戦で初めてオープナー制度を採用し「感触を得ました」と話していた。過密日程となる後半戦に向け、日曜日に再び実施する意向を示しており、23日の広島戦はオープナーで戦うことになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース