法大 零敗で“完全V”ならず…青木監督「六大学のレベルの高さを知りました」

[ 2020年8月18日 05:30 ]

東京六大学野球・第8日   法大0―5立大 ( 2020年8月17日    神宮 )

<立大・法大>立大に敗れ球場を後にする法大ナイン(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 前日に3季ぶりの優勝が決まった法大は立大に0―5で敗れ、4勝1敗で終えた。立大は3勝2敗。明大は東大を9―1で下し、今季初勝利を挙げた。東大は4連敗で45季連続の最下位が確定した。

 法大は前日に46度目の優勝を決めながら、立大に4安打零敗を喫し“完全V”はならなかった。「全勝を狙いにいったけど…。六大学のレベルの高さを知りました」と青木久典監督。それでも74年ぶりの1試合総当たり制となった真夏の「春季リーグ」を制した偉業は色あせない。指揮官は「大変重みのある大会で優勝できた」と開催にこぎ着けた六大学連盟を含めた関係各所に対して感謝していた。

 ▼立大・中崎響介(6回無失点で今季初白星。チームは3勝2敗の3位で終了)今回の順位を受け止めたい。秋も自分の投球で勢いをつけたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース