「高橋」先発3投手明暗…西武の光成3勝目 阪神・遥人、ヤクルト・奎二は悔しい結果

[ 2020年8月18日 21:38 ]

左から西武の高橋光、阪神の高橋、ヤクルトの高橋
Photo By スポニチ

 18日のプロ野球では、阪神の高橋遥人(24)、西武の高橋光成(23)ヤクルトの高橋奎二(23)の高橋姓3投手が先発。光成は勝ち投手、遥人と奎二は負け投手と明暗が分かれた。

 西武の高橋光は京セラDでのオリックス戦に先発。7回を投げ4安打1失点と好投し、1―1で迎えた8回に味方が2点を援護。その2点を救援陣が守り抜き3勝目(5敗)をマークした。

 阪神の高橋は東京ドームでの巨人戦に先発し、巨人の菅野と投手戦を展開。4回に岡本に浴びたソロの1点のみの力投を見せ、7回を投げて2安打1失点だったが援護なく今季初黒星(1勝)を喫した。

 ヤクルトの高橋は神宮での中日戦に先発したが、今季最短の2回、5安打4失点で降板し、2敗目となった。

 18日現在の12球団の支配下登録選手で高橋姓は10人おり、鈴木の11人に次ぎ石川と並んで2位タイ。また、18日にベンチ入りした高橋姓は、上記の3人に加え、中日の高橋周平(26)ソフトバンクの高橋礼(24)を加えた5人となっている。

 ちなみに、ウェブサイト「名字由来net」によれば、日本の姓のランキング1位は佐藤、2位が鈴木、3位が高橋となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース