中日3連勝!大島1500安打に仲間が祝砲3発 小笠原は今季初勝利

[ 2020年8月18日 21:18 ]

セ・リーグ   中日8―3ヤクルト ( 2020年8月18日    神宮 )

<ヤ・中>8回無死一塁、左越え2ランを放ったアルモンテ(左)を迎える大島(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 祝砲だ!中日は大島が1500安打を達成すると、チームメートが節目の一打を祝うように、今季最多の3本塁打を放つなど打線が爆発。ヤクルトに快勝し3連勝を飾った。

 大島が初回に先頭で左前打を放つと、1死一、三塁からビシエドの右前適時打で先制。

 さらに大島は8回の第5打席で遊撃への内野安打を放ち、史上127人目の1500安打を記録。お祝いムードに包まれたまま、次打者のアルモンテが「大島さんが1500ヒットを打って、良い流れ、良いムードで来ていたので、打てる球を芯でしっかり捉えようと思った。打った瞬間ホームランになると思ったよ」と左翼席へ2ランを放ち、節目の一打に花を添えた。

 投げても先発・小笠原が6回3失点と力投。今季初勝利を手にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月18日のニュース